一時的に汗をかかなくするツボ

一時的に汗をかかなくするツボ

夏になると暑さで汗をかくことが多くなりますよね。汗は体温が上がりすぎることを防いでくれます。しかし、オシャレをしているときなどは、いくらか体温の上がりすぎを防ぐと言っても、嫌な気分になってしまいます。化粧崩れ、ヘアスタイル崩れ、洋服の汗染み、臭いも気になりますよね。 そんな時、あるツボを押すことで汗を簡単に止めることができたら嬉しくないですか。今回はそんなツボを5つご紹介します。

@手をグーにしたとき、中指の先端が当たるツボが「労宮(ろうきゅう)」です。血液の循環を整えてくれるツボで、汗が出るのを抑えてくれます。両手の労宮を強めに圧迫します。

A親指と人差し指の付け根から、手首に向かう途中にある凹んでいる部分の「合谷(ごうこく)」というツボです。新陳代謝を正常にしてくれます。特に手汗に効果的と言われています。

B内くるぶしとアキレス腱の間から指2〜3本上にある「復溜(ふくりゅう)」です。優しくマッサージするように揉むと水分代謝を正常にし、汗を抑える効果があります。

C顔や脇汗を抑えるのに有名なツボが「大包(だいほう)」です。脇の下の、第六肋骨にあり、ここを刺激すると汗をかきにくいと言われています。舞妓さんや芸妓さんは帯で「大包」を圧迫して汗をかきにくくしています。

D熱を鎮める働きがある「後谿(こうけい)」は手を握り締めたとき、小指側にあるシワになっている部分です。指先で強めに押したりすると効果があるみたいです。

ツボを5つ紹介しましたが、どれも一時的に汗をかかなくするツボです。気になる方は試してみてくださいね。

もっとも気になる体の部分は顔だという人が圧倒的に多数派を占めるでしょう。その大切な顔の大切なお手入れは洗顔が基本中の基本です。顔に付いた汚れや余分な皮脂を洗うところからスタートするからです。
洗顔では石鹸、クリームの泡立ての方法が鍵になります。必ず泡立てネットを使ってふくらませて泡で包んで洗顔します。

肌が多汗症の場合荒れは、空気が乾燥しているために目が覚めています。


最低限保護してくれるクリームをいっぱい使うといいでしょう。



とにかく、乾いた肌を放置するのは御勧めできません。

肌をきれいにするためには、洗顔する必要がありますが、洗顔を必要以上にすると、かえって肌を傷つけてしまいます。朝は顔を洗わないか、軽く洗う程度にするのが良いです。美肌と歩くことは全く関わりないことのように実感されますが、事実は密接に関係があります。歩くときに姿勢を正しくすると、お肌が多汗症の場合へ血流がスムーズに流れるので、代謝が高まり肌を綺麗にできますし、成人病と呼ばれる高血圧や動脈硬化などにならないためにも効果があらわれます。お肌を第一に考えるためにも、洗顔する際には髪の生え際などの見落としがちなところまで、きっちりとすすぎ終えましょう。


洗い落とせたら、タオルをやさしく押さえ当てるようにして水分をぬぐいさります。必ず、ゴシゴシと拭いたりするのはやめて下さいね。
必ず、清潔で衛生的なタオルの使用が、望まれます。


たびたび顔を洗って肌が多汗症の場合に必要な皮脂が常に足りないといったことになると、不足した皮脂を埋めようと多く分泌するようになるのです。洗顔をしすぎると乾燥肌にもなり、一段と多くの皮脂を、分泌してしまいますから、顔の洗いすぎには注意して下さい。顔を洗ったその後は、化粧水を使って十分な水分補給を忘れずにおこなうことが大切なのです。洗顔時に熱湯を使用すると必要な皮脂も洗い流してしまいますし、洗えてないところが残っていると乾燥肌やニキビといった肌が多汗症の場合の悩みの原因を生み出してしまうので意識しておくことが大切です。
洗顔時、しゅうりょう次第化粧水をたっぷりと優しく皮膚に押しあてるように付け、必ず乳液を塗り、水分を逃さないようにして下さい。他の部位より乾きやすい目元、口元などは、少し厚めに塗るようにします。アトピーの場合は乾燥に起因するかゆみも発症することが少なくありませんから、乾燥肌が多汗症の場合用の入浴剤を使ったり、保湿成分がたくさん入ったスキンケアを使用すると良いですね。
その他にも、軟水を使って顔を洗ったり、体を拭いたりすることも悪くありません。



軟水には刺激がきつい成分があまり入っていないので、刺激に敏感なアトピーの人にはとても良いのです。ほうれい線を消したいと思った時は、ビタミンC誘導体配合の基礎化粧品を使用してみましょう。

ビタミンC誘導体は、肌の細胞を活性化するはたらきがあると考えられていて、コラーゲンの繊維を増加することでおもったよりしられています。

それと一緒に、美顔ローラーでコロコロすると、さらに効果を発揮します。

肌が多汗症の場合がデリケートな人は、W洗顔不要の化粧落としなどで洗うと、肌に余分な脂が残らずに済みますし、爽快になります。


どうしても、二重洗顔をしたい場合には、ぬるま湯を軽くかける程度にとどめましょう。
デリケート肌は、肌の状態が変化しやすいので、その変化に柔軟に対応していくことが大切なことです。
ニキビの起因となるものは毛穴に汚れがたまることにより、炎症が発生してしまうことです。手で顔をちょくちょくタッチする人は気に留めておきましょう。いつもの状態では手には汚れが数えきれないほどついており、顔にその手をもっていくことは汚れを顔にペイントしているのと同然です。